スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)

 ソニーとCS(通信衛星)放送のスカパーJSATは20日、3次元(3D)映像化するサッカーW杯南アフリカ大会の25試合を、ソニーがスポンサーとなり、スカパーが開局する3D専門チャンネルで6月19日から放送する、と発表した。国際的なスポーツ大会の試合を3Dで生中継で放送するのは国内で初めて。

 スカパーが立ち上げる3Dチャンネル名は「スカチャン3D169」。サッカーW杯に合わせて6月19日に開始し、同日、開局記念番組として日本対オランダ戦を生放送する。翌日20日から注目の対戦カードを順次放送し、7月11日に行われる決勝戦も生放送する。放送サービス「スカパー!HD」と基本契約を結んでいる視聴者は無料。 

 ソニーは6月10日に3D液晶テレビ「3D対応ブラビア」を発売する予定だ。10年度に全世界で250万台の3Dテレビを販売する目標を掲げており、3Dテレビ向けの注目番組を提供することで、販売促進につなげる考え。

【関連記事】
NEC、3D対応のパソコン投入へ 今秋発売目指す
3D番組そろ~り始動 手探り状態のJCOM
パナソニック、全仏テニスを3D生放送 欧州内で
東芝の液晶テレビ「レグザ」新シリーズ 全機種がLED 
メガネなしで3D、シャープが携帯電話向けディスプレーを開発
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

地上、ヘリ両部隊は「65カイリ以内」に=米側が要求-普天間移設(時事通信)
コイも受難、火山噴火で渡欧できず(読売新聞)
【政論】首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」(産経新聞)
徳之島案、軍の距離規定理由に米が反対意向(読売新聞)
山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
スポンサーサイト

「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会-B型肝炎訴訟(時事通信)

 集団予防接種でウイルスに感染したとして、国家賠償を求めている全国B型肝炎訴訟原告・弁護団は20日、早期解決に向けて東京・霞が関の厚生労働省前で抗議の座り込みを行った。同日夕には民主党の細野豪志副幹事長が原告らと面会し、「和解協議のテーブルに着くよう動いている」と述べた。
 一連の訴訟では、札幌、福岡両地裁で和解勧告が出され、政府は札幌地裁の次回期日(来月14日)までに協議に応じるか決める方針を示している。
 細野氏は雨の中、座り込む約50人の原告らを訪れ、「協議に応じるよう政府などに働き掛けている」と状況を説明。原告側は「重篤患者が多く、もう待てない」と回答の前倒しを訴えたが、細野氏は「14日に政府として結論を出すので待ってほしい」と述べるにとどめた。
 原告側は鳩山由紀夫首相や長妻昭厚労相ら6閣僚に面会を求めたが全員応じていない。原告は「結論を出す前に声を聞いてほしい」と要求したが、細野氏は実現困難との見通しを伝えた。
 原告団の谷口三枝子代表は「先行きに明るさも見えたが、一日も早く和解に応じるという姿勢が感じられなかったのは残念だ」と語った。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
中国の死刑に干渉せず=政府答弁書(時事通信)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)

河村名古屋市長「改めて市民に問う」(産経新聞)

 名古屋市の河村たかし市長は19日、臨時市議会を招集し、2月議会で議会側が1年限定と修正可決した市民税10%減税の恒久化と、市議の報酬を半減する条例案を提出。本会議で「改めて市民に問い掛ける」と強調した。各会派は「すでに審議が尽くされている」として臨時市議会の開会自体を疑問視しており、両案とも可決は困難な見通し。

 河村市長は提案理由説明で、減税に関して「最高の市民サービスで、継続実施してこそ意義がある」と強調。これに対し、質問に立った市議は「臨時議会には必要性も大義もない。議会との対立構造を意図的に演出している」と批判した。

内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持-時事世論調査(時事通信)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)
17日の欠航、18便に=火山灰で欧州線-日航・全日空(時事通信)
<寛仁親王殿下>5月にトルコ公式訪問へ(毎日新聞)

首相動静(4月14日)(時事通信)

 核安全保障サミット出席のため訪米中。(了)

【関連ニュース】
中印と技術者育成で連携=首相
8月の広島訪問、首相に伝達=国連総長
「5月決着」公約も成果乏しく=普天間手詰まり、鳩山首相苦境に
日ロ首脳、米で未明に会談=大統領府長官「対話を頻繁に」
核をめぐる各国の状況

「命の限り頑張る」審理差し戻しに奥西死刑囚(読売新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
富士通元社長、提訴へ=現経営陣の責任追及-7日午後に会見(時事通信)
協力の元コンサル代表に実刑=キヤノン工事脱税-東京地裁(時事通信)
政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)

<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)

 「一日も早く再審をしてもらい、冤罪(えんざい)を晴らしたい」。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求に対し、最高裁が名古屋高裁への「差し戻し」を決定したことについて、奥西勝死刑囚(84)は6日、穏やかな表情でそう語ったという。半世紀近くにわたって揺れ続けた司法判断。桜の満開を伝えられた奥西死刑囚の胸の内にこの日、わずかな光が再び差し込んだ。【秋山信一、中村かさね、沢田勇、高木香奈】

 最高裁決定を受け、弁護団の小林修(57)、鬼頭治雄(38)両弁護士が午後2時半から30分間、名古屋拘置所で奥西死刑囚と面会。奥西死刑囚は入浴後、青色のセーターと灰色のズボン姿で現れた。審理差し戻しを伝えられてもよく理解できない様子で、弁護士が再審請求の流れを図解して死刑の執行停止を説明し、「勝ったんですよ」と伝えると、「よかった、よかった」と喜んだ。

 差し戻し決定は4月5日付。くしくも05年に名古屋高裁で再審開始決定が出たのと同じ日付だった。弁護士が「同じ日ですね」と話すと、奥西死刑囚は「ああそうですね」とにこにこしたという。

 特別面会人の稲生昌三さん(71)も6日、拘置所で奥西死刑囚と面会した。稲生さんは再審開始決定時にも面会しており、5年前と同様、この日も桜が満開だと伝えると、奥西死刑囚は「希望が持てる。私も頑張る」と話した。

 奥西死刑囚は69年に高裁で逆転死刑判決を受けて以来、05年の高裁の再審開始決定で死刑執行を停止された一時期を除き、常に死刑の恐怖と闘ってきた。03年には胃がんの摘出手術も受けている。以前、稲生さんに「拘置所の休庁日以外、死刑執行がある午前中は恐怖と苦悩の時間」と漏らした。昼食の配給が唯一ホッとできる時間といい、夜、布団の中に入ると「このまま夜が明けてくれなければいいのに」と弱音を吐いた時もあるという。

 この日、稲生さんが「アクリル板の向こう側でなくて、壁の外で『奥西さん良かったね』と言える日が必ず来るから頑張ろう」と告げると、奥西死刑囚は「うん、うん」とうなずいた。

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
名張毒ぶどう酒事件
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性 84歳「後がない」 奥西死刑囚、確定から38年
名張毒ぶどう酒事件:早急な再審開始訴え 奥西死刑囚の弁護団、名張で学習会 /三重

鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす-福岡県警(時事通信)
埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東(時事通信)
受けて立つ!清水女流2冠が将棋ソフトと対戦(スポーツ報知)
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑-名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向(医療介護CBニュース)

<iPS細胞>「高純度な肝臓組織」開発 医薬基盤研(毎日新聞)

 さまざまな細胞になりうるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から高純度な肝臓組織を作り出す方法を独立行政法人・医薬基盤研究所(大阪府茨木市)と大阪大のグループが開発した。iPS細胞を肝臓細胞に変化させることはできるが、高純度な組織を作るのは難しかった。肝臓は薬物を分解する役割を果たす。

 今回、作られた組織は、薬を分解する酵素をヒトの肝臓並みに備えている。新薬候補物質を作った組織で分解できるか試すことで、毒性試験などへの活用が期待される。

 医薬基盤研究所の水口裕之チーフプロジェクトリーダー(分子生物学)=大阪大教授併任=は、ヒトのiPS細胞を培養したうえで、細胞に遺伝子を注入する働きをもつウイルスを使う。2種類の遺伝子を適切な時期に注入することで、iPS細胞を肝臓細胞に変化させた。

 約10日間の培養でできた細胞組織を調べると、肝臓で作られるたんぱく質「アルブミン」を生産する働きのある遺伝子が非常に多く含まれており、8~9割の純度で肝臓細胞が形成されていることが分かった。薬物を分解する役割のある酵素「CYP3A4」も、培養した市販のヒトの肝臓細胞並みに現れていた。

 水口さんは「製薬企業などに肝臓組織を提供することを目指したい」と話しており、今後は実用化に向け、いつでも使えるよう凍結保存する技術や、細胞の品質を一定にする手法を開発していくという。【野田武】

 【ことば】iPS細胞

 皮膚などヒトの体細胞にウイルスなどを使って遺伝子を入れ、受精卵のようにさまざまな種類の細胞になりうる能力を持たせた人工の万能細胞。京都大の山中伸弥教授が作成し、07年に発表した。induced pluripotent stem cellと名付け、頭文字からiPS細胞と呼んだ。同様の能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)は受精卵を壊して作るため倫理的な問題が指摘されているが、iPS細胞はそうした問題がなく、期待されている。

【関連ニュース】
iPS細胞 人体再生への道/1 世界で初めて
iPS細胞 人体再生への道/2 原点はドリー
iPS細胞 人体再生への道/3 ES細胞との違い
iPS細胞 人体再生への道/4止 実用化に向けて
iPS細胞:競争続く研究 安全性確保が課題

<普天間移設>政府案「月内」断念 米の反応厳しく(毎日新聞)
「弁護士バー」12日オープン (産経新聞)
小学教科書検定 算数、理科を文系教員にも優しく(産経新聞)
森下千里さん、運転中に接触事故 けがなし 東京・渋谷の国道20号(産経新聞)
園遊会に浅田、高橋両選手ら(時事通信)

2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした」(産経新聞)

 夫(35)とともに2歳の長男をごみ箱に長時間閉じこめて窒息死させるなどしたとして、監禁致死罪などに問われた無職、菅野理香被告(35)の裁判員裁判の第3回公判が25日、東京地裁(井口修裁判長)で開かれ、検察側は「親としての心を失い、わが子をゴミ扱いした、思いやる気持ちなど毛頭ない悪質な犯行」などと断罪し、菅野被告に懲役10年を求刑した。

 男性裁判員はこの日の被告人質問で「なぜ、きょうだいのうち長男だけ(虐待して)死なせてしまったのか」と質問。菅野被告は「私なりに長男もかわいがってきた。結果だけを見ないでほしい」と、愛情を注いでいたと訴えた。

 判決は26日に言い渡される。

 検察側は「長男をごみ箱から出すのは容易だったのに助けなかったことなど、重要な役割を果たした」と指摘。弁護側は「虐待行為への関与は少なく従属的。暴力をふるわれる恐れがあったので夫を止められなかった」と主張している。

 起訴状によると、菅野被告は夫=同罪で懲役11年が確定=と共謀し、平成20年12月23日未明、自宅マンションで長男、優衣(ゆい)ちゃんをごみ箱に入れてふたをした。さらに上からポリ袋をかぶせてゴムひもを巻き付け、ベランダや居間に同日夕方まで放置し、窒息死させるなどしたとされる。

【関連記事】
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判 夫の公判担当の裁判員「あれでよかったのか…」
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬
2歳長男虐待死 父親に懲役11年判決

児童への暴行・虐待、過去最高725件(読売新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
水俣病訴訟が和解、救済策と二本柱で決着へ(読売新聞)
<虐待>容疑の行司逮捕…3歳長男ける 妻が被害届(毎日新聞)
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆(産経新聞)
プロフィール

ありがとしはるさん

Author:ありがとしはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。